プリリジーの服用と生挿入と裏筋の刺激

早漏は生挿入をすると刺激が強すぎて数秒で射精をしてしまうので、お互いが絶頂を迎える前にセックスが終了してしまうので、満足の行く性交渉が難しくなります。また生挿入を避けるためにコンドームなどをしても軽い刺激で射精してしまうので、挿入時間を長くすることができません。亀頭が敏感になっているので、生挿入を避けてパートナーに裏筋などを刺激してもらって勃起状態を維持することも可能ですが、物理的に勃起状態を維持するのは無理があるので、裏筋を刺激するよりも早漏を改善できるプリリジーなどの薬を服用するほうが効率的です。裏筋は亀頭に比べると感覚が鈍いので長時間のプレイに耐えることができますが、射精にまで至りません。プリリジーは射精までの時間を2倍から3倍にしますが、服用を毎日続けることで不安な気持ちを軽減できるので早漏を根本的に治すことが可能です。しかし1錠あたりの価格が2000円程度と高いので、コストパフォーマンスを考えるとあまり良い選択ではありません。プリリジーと同じ成分の薬は精神科や心療内科で処方されているので、早漏に悩んでいる場合は心理カウンセリングを受けてSSRIの薬を処方してもらうと射精を遅らせることができます。精神科でSSRIを処方されると保険が適用されるので、安い価格でSSRIの薬を手に入れることができますが、実際にうつ病やパニック障害のような病気でなければ処方を受けることができません。またプリリジーなどのSSRIは脳のセロトニン受容体に作用する薬なので、継続して服用すると興奮状態になりにくくなります。人によっては性欲が低下することもあり、また有名な副作用としては日光の刺激による湿疹があります。