プリリジーによる衰弱性早漏の治療と血液を流す方法

衰弱性早漏は思春期のものとは異なっていて、中高年の男性に多いとされるもので、体の筋肉が減少することで、男性ホルモンの分泌が悪くなって正常なセックスができなくなるもので、衰弱性早漏とEDは根本的な原因は同じ場合があります。プリリジーはSSRIといううつ病の薬から作られたものなので、衰弱性早漏の人が服用すると射精を遅らせることができます。しかし射精までの時間が長くなっても血液がペニスに流れていないと勃起を維持することができないので、勃起改善薬などを服用してペニスに血液が流れやすい状態を作らなければなりません。プリリジーはSSRIの薬なので脳に作用して不安や緊張を和らげることができるので、ペニスに血液が流れやすくなりますが、セックスをしている時に不安な気持ちになると血液が脳や心臓に流れるので注意をしなければなりません。セックスのときに感じる不安はとくに根拠のあるものではないので、気にしないようにする必要がありますが、認知行動療法を受けていないと不安が大きくなって早漏の症状や勃起が維持できない状態になるので、プリリジーを服用して正常なセックスができる精神状態を作ることが重要です。プリリジーは1錠あたり2000円から3000円程度するので非常に高価な薬なのですが、ジェネリック医薬品が販売されているので、これらを購入すると30%程度安い価格で手に入れることができます。またプリリジーと勃起改善薬を併用する人も増えていて、勃起を長時間維持することができて、さらに射精までの時間を2倍程度にできるので人気になっています。問題としては女性の性器に挿入し過ぎることで、膣などに炎症が起きたり、性交痛になってしまう可能性があることです。