プリリジーとキシロカインゼリーによる早漏改善

キシロカインゼリーは手術などの時に皮膚の表面の痛みを感じなくするための麻酔薬で、人間の手術や動物の簡単な手術にも使用されている薬です。キシロカインゼリーを早漏に利用する方法は昔から実践されてきた早漏対策ですが、塗りすぎると効果が強くなって全く感じなくなるので、あまりたくさん塗らないようにしなければなりません。また早漏の治療薬ではないので、使い過ぎると副作用がでる恐れもあるので、塗り薬で早漏を改善する場合には男性ホルモンと局所麻酔を適度に配合したクリームなどを使用すると効果的です。キシロカインゼリーは様々な用途に用いられているのですが、医療機関で処方されることはあまりないので、早漏改善薬として利用するのは難しいとされています。プリリジーは内服薬で、脳内のセロトニンを増やすことで早漏を改善する薬で、セロトニンが増えると不安や気分の落ち込み、ストレスなどを感じなくなるので、脳が興奮しにくくなり、射精までの時間を長くすることができます。プリリジーはSSRIの薬なのでうつ病やパニック障害のために開発されましたが、射精障害の副作用があるので、これを利用して早漏の治療薬として販売されています。プリリジーの服用はセックスの1時間前が良いとされていますが、実際には効果が長く続くので直前に飲まなくても十分に射精までの時間を長くできます。プリリジーは精神科などで処方されるSSRIの薬と同じ成分なので、併用すると同じ作用の薬を過剰に摂取してしまいます。SSRIは過剰摂取でも重篤な症状は出にくいとされる薬で安全性も高いのですが、頭痛や吐き気、立ちくらみなどが起きるので、精神科を受診している人は薬をチェックしなければなりません。