世界初の飲む早漏治療薬プリリジーとは

早漏(PE)はどの年齢層の男性にも起こる可能性があり、器質的な問題よりも精神的ストレスなどの心因性が原因とされています。
早漏で悩む男性の多くは、射精をコントロールするためのホルモンであるセロトニンが不足していると言われ、特に生活習慣の乱れる若い年代が多い傾向にあります。
プリリジーはダポキセチンを主成分とした世界初の早漏治療薬で、短時間作用型のSSRI(セロトニン再取り込み阻害)に分類されます。
SSRIはうつ症状やうつ病、気分障害の改善に用いられる抗うつ剤で、セロトニンの量をコントロールすることで精神を安定させる作用があります。
主成分のダポキセチンはSSRIとして開発されましたが、内服治療している患者の中で射精時間の延長、遅漏を訴えることが多く再調査され、早漏改善に効果があることが分かったため、早漏治療の薬として販売されるようになった経緯があります。
セロトニンは神経伝達物質のひとつで、快感を増幅させる作用のあるドパミンや緊張、不安といったストレスに反応するノルアドレナリンの働きを抑制して、興奮や不安を取り除いてバランスをとる働きがあります。
射精はノルアドレナリンによって調節され、増加することで射精に至りますが、プリリジーはセロトニンが受容体に吸収されるのを阻害し減少するのを抑えることから、ノルアドレナリンを抑制して興奮を静めることで射精を遅らせる作用を示します。
プリリジーでは他のSSRIと比較しても、特に早漏に効果が高いとされ、射精までの時間が服用前よりも4倍ほど長くなったという報告もあります。
プリリジーは服用して15分ほどで効き始める即効性のある薬で、使用する場合は行為の1時間ほど前に使用すると良いとされています。
食事の影響は受けにくいですが、アルコールには弱いことから飲酒は控える必要があります。

早漏のランダム化研究によるプリリジーなどの効果測定

ランダム化研究は早漏を改善するための研究で挿入から射精までの時間を計測して、薬による効果などを検査するもので、プリリジーはランダム化研究でも有用性が認められています。
SSRIの薬はほとんど全て早漏の改善には有効とされているので、自分の体質とあったものや、価格が安いものなどを選んで服用することができます。
プリリジーはセロトニンを増やすことができるので、落ち着いた気持ちになって、物事に前向きに対処できるようになるので、早漏で悩んでいる男性の射精の時間を長くするだけでなく、不安や緊張を軽減することもできます。
もともと精神科で処方されている薬なので、うつ病にも効果があるのですが、プリリジーは1錠あたりの価格が高いので、精神科でうつ病と診断されている人は、そこで処方されるSSRIを服用するだけで十分に早漏を改善することができます。
早漏の原因は包茎や精神的なストレス、女性やセックスに対するトラウマなどがありますが、包茎は亀頭が刺激に対して弱くなるので早漏になりやすいとされていて、手術を行って皮の部分を切除すると正常なセックスが出来るようになります。
精神的なストレスは脳を興奮状態にするので、それによって早漏が引き起こされます。
そのため抗不安薬やSSRIなどを服用すると、早漏の症状が改善するので、プリリジーが世界的にも人気になっています。
思春期の早漏は基本的には女性経験を積むと自然に完治するとされていて、思い込みが強すぎるとセックスができなくなるので、パートナーと相談をして、様々な方法でセックスをすると改善される可能性があります。
早漏はセックス中に緊張したり、射精を気にし過ぎることで亀頭が敏感になるので、他のことに気をそらすことも重要です。

早漏は、日頃の自慰や包茎にも関係がある

早漏と自慰はまったくの無関係ではありません。
自慰をする回数が極端に少ないと、性行為のときに早漏になりやすいです。
3日に1回程度のペースで自慰をしている方は、精液がフル充電されることで挿入時の快感が高まります。
それにより、想像以上に早く射精してしまうことが多くなります。
包茎も重度になると早漏を招きます。
常に包皮を被っているペニスは、亀頭が強化されにくいのです。
粘膜状態の亀頭は刺激に弱く、逆に皮膚化した亀頭は強くなります。
重度の包茎は早漏を招くので、包茎が原因だと思われる場合は治療する必要もあるでしょう。
真性包茎の場合は、衛生面でも絶対に治療をしたほうがいいです。
亀頭包皮炎の原因となりますし、パートナーに性病を感染させてしまうリスクも高まります。
何より恥垢が溜まった状態は臭いが強烈であり、パートナーは嫌がることでしょう。
女性は男性が思っているほどペニスの大きさにはこだわりませんが、不潔にしていると抵抗を覚えます。
早漏に悩んでいる方は、プリリジーを使用してみるのもいいでしょう。
この薬は珍しい経口薬であり、飲むだけでセロトニンの濃度を高め、興奮を抑えることで暴発を防いでくれるのです。
普段3分くらいで射精している方なら、6~9分くらいまで持続時間が長くなります。
7~10分程度持続できれば、間違いなく早漏ではありません。
塗り薬はペニス自体の感度を弱くしてしまうので、一度飲むタイプのプリリジーを試してみるといいでしょう。
プリリジーは個人輸入で販売しており、まとめて購入すると価格が安くなります。
服用において注意したいのは、持続時間が正常な方は服用を避けたほうがいいことです。
性的興奮を抑制する作用があるため、快感の減退につながる可能性があります。
■早漏はやっぱりこっそり治したい
スーパーPフォース 通販